勤怠システムなら不正を防げるの?

subpage1

勤怠システムのメリットの1つに、不正を防げるということがよくあげられています。タイムカードの場合、本人ではない人でも簡単に押すことができるので、不正がしやすいというデメリットがあります。


近年では残業代の未払いトラブルが頻繁に起きていて、企業側が負けるケースも多いですが、中には労働者側が不正をしているというパターンもあるようです。


労働者側が不正をしているパターンとしては、仕事が終わっても職場に残って同僚とおしゃべりをしたり、テレビを見たりして、かなり遅い時間にタイムカードを打刻しているが、タイムカードに残業をしたという証拠が残っているので、残業代未払い請求をするというケースなどがあります。指示がないのに会社に残っていても、本来ならば残業代は発生しませんが、裁判ではタイムカードが有効な証拠となってしまうので、このようなケースでも企業側が負けてしまうことがあります。



勤怠システムなら、このような不正を防げる可能性は高いです。
本人だけが持っているICカードを使って認証をするようにしておけば、それなりの確率で不正を防ぐことができます。

さらに、コストはかかりますが、バイオメトリクス認証システムを導入すればさらに高い確率で不正を防げるでしょう。

毎日新聞に関する詳細はこちらです。

勤怠システムでは、予算に応じてシステムを選べるということもメリットです。



クラウド型のシンプルなシステムにしておけば、コストはかなり節約ができます。
絶対に不正を防ぎたい場合には、予算をかけてバイオメトリクス認証システムなどを導入するのが良いでしょう。