勤怠システムで管理工数を削減

subpage1

勤怠システムでは従来の管理工数を削減する事が出来る、集計作業における工数の削減や入力ミス、計算ミスがなくなる、所定の届けについても勤怠システムでまとめる事が出来るので、書類を排除して経費の削減にも繋がります。

さらに、紙のタイムカードを使わないので、タイムカードの購入、タイムカードに社員の名前をスタンプする作業、タイムカードを所定の場所に入れる作業や集計などを行う時に、タイムカードを回収する作業などが要らなくなります。

タイムカードの準備などは、本来の仕事以外の作業になるので、勤怠管理をシステム化する事で従業員の工数はゼロになるわけです。



タイムカードに記録してある情報はパソコンを使って入力する、時間を自動計算する方法を採用している会社は多いかと思われますが、従業員数が多い場合などでは入力の工数が多く掛かる、入力ミスが起きる事もあります。

Yahoo!知恵袋に関する問題解決をサポートいたします。

残業の集計作業は残業代への反映が必要になるので1人が入力を行い、もう1人が入力内容を確認するなどの正確性や工数が掛かるになるわけです。

しかし、勤怠システムを導入した場合は、これらの作業が一切要らなくなりますし、タイムカードは数年間の保管が義務付けられているので、タイムカードを使わなくなった場合は保管スペースも要らなくなります。

従業員は自分のパソコン上で勤怠システムに接続して内容の把握が出来ますし、管理者についてもシステムを利用する事で、誰が何時有給休暇を取るのかなどの把握が出来るようになります。