勤怠システムはパソコンで勤怠管理

subpage1

勤怠システムは従来のタイムカードによる管理をパソコン上で管理を行うシステムの総称です。



従来のタイムカードによる管理には工数が多く掛かる、集計を行う時にミスが発生するリスクがあるなど、従業員を多く抱える企業にとっては管理に掛かる工数が膨大な時間になる事も珍しくありませんでした。

しかし、勤怠システムを導入した場合、従業員は専用のICカードなどを使って打刻を行うシステムになるので、情報がコンピューターにリアルタイムに記録が行われる、記録を基に残業時間の集計や1日の所定労働時間を満たしているのか否かを管理者が確認する事が出来るようになります。タイムカードの場合は、記録した情報はカードを見れば把握する事が出来ますが、勤怠システムの場合はパソコン画面上で記録してある情報を確認するため、従業員がパソコンでの確認を行う事が出来るシステムを構築する必要があります。

goo ニュースのクチコミ情報を求めています。

仕事でパソコンを使っている従業員の場合は、自分のパソコンで管理状況をチェックする事が出来ますが、パソコンを持たない従業員の場合は専用端末を用意するなどして、従業員全員が自分の勤怠を把握する事が出来るシステム作りが必要になります。


尚、勤怠システムを導入する事で、従来紙で申請を行っていた有給の申請、遅刻早退の申請、残業の申請などはすべてパソコン上で行う事が出来るようになるので各種届け出の書類提出が要らなくなる、紙の無駄を省く事が出来るなどのメリット、タイムカードの保管が要らなくなるメリットなどもあります。