勤怠管理をクラウドで行うメリット

subpage1

未払い残業代をめぐるトラブルや過重な業務による過労死や過労自殺といった問題が社会的に注目されるなか、起業には適切な勤怠管理の実施が求められています。


社員が打刻したタイムカードを月末になると総務担当者がエクセルに手入力したものを上席の管理職がチェックする方法で勤怠管理をしている会社も多いかもしれませんが、最近では、さまざまな勤怠管理システムを選ぶことができ、担当者の入力や確認作業を軽減することができます。



特にクラウド型のシステムは従来のシステムよりも多くのメリットを持ち、例えば、会社のパソコンとインターネットさえあれば、WEB上で高度な勤怠管理を行うことができるだけでなく、タイムレコーダー機器以外の初期費用が不要で経費面で優れているほか、システムのバージョンアップの際にも新たな手間が発生しないなど、担当者の作業効率アップとコスト削減に貢献します。
またクラウド型サービスの選択肢が増えたこともあり、多くのシステムは他のサービスと明確に差別化できる長所を持っており、作業効率やコスト面だけでなく、例えば、リアルタイムの残業時間管理をしたり一定の残業時間を超えた従業員のみをアラート表示したりすることで、過重労働の発生を抑制といった観点からクラウドシステムを構築しているものもあります。

しっかりとしたT-SITEの情報を要約した情報サイトです。

もし、あなたの会社が勤怠管理システムの導入を検討しているのであれば、クラウド型のシステムについてもきちんと検討してみましょう。



知っておきたい常識

subpage2

勤怠システムは従来のタイムカードによる管理をパソコン上で管理を行うシステムの総称です。従来のタイムカードによる管理には工数が多く掛かる、集計を行う時にミスが発生するリスクがあるなど、従業員を多く抱える企業にとっては管理に掛かる工数が膨大な時間になる事も珍しくありませんでした。...

more

企業の基本知識!

subpage3

勤怠システムでは従来の管理工数を削減する事が出来る、集計作業における工数の削減や入力ミス、計算ミスがなくなる、所定の届けについても勤怠システムでまとめる事が出来るので、書類を排除して経費の削減にも繋がります。さらに、紙のタイムカードを使わないので、タイムカードの購入、タイムカードに社員の名前をスタンプする作業、タイムカードを所定の場所に入れる作業や集計などを行う時に、タイムカードを回収する作業などが要らなくなります。...

more

意外な事実

subpage4

人々が働く理由は人それぞれです。自分の子どもの頃からの夢を叶えてなりたかった職業に就いて毎日やりがいを感じながら働いている人もいます。...

more

大事な企業の事

subpage5

勤怠システムのメリットの1つに、不正を防げるということがよくあげられています。タイムカードの場合、本人ではない人でも簡単に押すことができるので、不正がしやすいというデメリットがあります。...

more